【11月4週目】ヒンデンブルグオーメン点灯!?今後の景気後退に向けてVOOも売却

株日記
スポンサーリンク



11月4週目の株日記となります。

今週はタイガースポリマー株を買い増し。

今週の市場の話としてはヒンデンブルグオーメンが点灯してしまいました。これにより1ヵ月は景気後退のリスクがあるのでVOOの株は全て売却してバリュー株へポートフォリオを変更させました。

これでタイガースポリマーはポートフォリオの6割に格上げ。

銘柄選択は前回の以下ブログに書いているので良かったら見て行ってください。

スポンサーリンク

保有銘柄動向

今週の日経平均は伸びはなく、先週と同じく木曜日には大きな反落。

保有銘柄は

三菱ケミカル、タイガースポリマーは軟調。

特に三菱ケミカルは田辺製薬をTOBした影響から大幅下げに転じております。TOBの詳細は以下記事をご確認ください。

CBグループマネジメントは日経が続落しているときに堅調な動きになっています。

また世界市場に目を向けると ヒンデンブルグオーメンが点灯しました。

SBI証券より引用

2018年1月の時も米国株の指数が最高値を付けた後、ヒンデンブルグオーメンが点灯し、大きな下落が来ています。 今回の相場はこの時に類似しているので少し危険な気がします。この話については別ブログで再度記事に上げるようにします。

株式投資実績報告

購入実績

今週も日経平均が大きく下がった22日にタイガースポリマーを400株購入。

売却実績

少し勿体ない気もしますが、今後来るであろう景気後退に向けて割高な米国株からは撤退する方針にしました。

市場全体の予想

・利下げがくるまで株価下げ(8月~10月)

日本株は予想に反して上昇が続いております。自分の決めた数値まで株価が上昇したらすぐ売ります。利確タイミングを今後も図ります。

・米中貿易摩擦がひとまず落ち着き株価若干上げ(10月~12月)

先週予想した通り10/10に米中貿易もひと段落。ブレクジット問題も再延期になり。直近の最大のリスクは過ぎ去ったのかと思います。ですが期限である2020年1月末でイギリスがEU脱退となると、ロンドン市場にあるデリバティブ契約やドイツ銀行などかなり危険な事案があるのでPFの調整は今後も慎重に行う必要があると思います。ヒンデンブルグオーメンが点灯した今、12月のイギリス選挙が火をつける可能性もあるので要注意です。

・その後超絶に爆下げ! (2020年1月31日?)

取り急ぎ暴落が来る前に、自分のポートフォリオはバリュー株に全て逃がすことが出来ました。今後は四季報を読みながら乗り換え出来そうなバリュー株を探していきます。

直近の戦略

米国株を全て日本バリュー株への移動が今週完了。

今後はより割安な株を探しながら乗り換え&買い増しを実施予定。

ポートフォリオ

11月第4週評価損益

時価評価額:1,091,960円

取得総額:1,080,320円

含み益合計:11,640円(1%)

バリュー株売り基準

三菱ケミカルHD

119(EPS)÷778(株価)×100=15%

778(株価)×115%=894円

タイガースポリマー

84.12(EPS)÷626(株価)×100=13%

626(株価)×113%=707円

CBグループマネジメント

310.73(EPS)÷2842(株価)×100=10.9%

2842(株価)×110.9%=3,151円

コメント

タイトルとURLをコピーしました