【上昇銘柄 株】11/28の上昇銘柄と上昇理由

今日の上昇銘柄
スポンサーリンク


自動ブレーキ関連が2日続けてランクイン、5G&自動ブレーキで車関連銘柄が今後も強いのかウォッチを続けていきたいと思います。

スポンサーリンク

1位 7215 フォルテック

取引値:1,325円(+29.27% +300円)※ストップ高

市場:東証1部

業界:輸送用機器

PBR:0..70倍

【上昇理由】

自動ブレーキ義務化思惑

ファルテックは、独自開発したミリ波レーダーカバーを2018年から量産。米国で22年に自動ブレーキ装着が義務づけられるため、受注次第で年産100万台体制も検討する。 政府は国内で販売される新車に自動ブレーキの取り付けを義務づける方針を固めたと報じられている。新型の乗用車は早ければ2021年度から、既存車種はその数年後から義務づける方向で調整とされている。自動ブレーキの普及拡大に弾みがつく。

戦略商品
ミリ波レーダーカバー
<強み>
・安全運転システムの中で使用されているミリ波を透過する金属調カバー
・当社独自の新工法確立による高品質

米国に年産100万台体制プラス、国内も義務付けだと大化け濃厚。
「自動ブレーキ義務化」基準については年内にも結論。

2位 9625 セレスポ

取引値:2,780円(+21.93% +500円)※ストップ高

市場:東証JQS

業界:サービス業

PBR:1.40倍

【上昇理由】

需給相場

3位 6962 大真空

取引値:1,387円(+21.56% +246円)※ストップ高

市場:東証1部

業界:電気機器

PBR:0.46倍

【上昇理由】

大真空<6962>はストップ高。前日に決算説明会が開催されており、ポジティブなインパクトにつながっているようだ。主力製品の需給が大幅に好転しており、今後の価格是正が期待できる状況となっているもよう。また、注力中の新製品「Arkh.3G」の用途開拓の広がりも確認されているようだ。5G市場の広がりなどが環境改善の背景となっているもよう。下期からの収益好転期待を高まる動きが優勢になっている。

4位 3683 サイバーリンクス

取引値:1,408円(+21.27% +247円)ストップ高

市場:東証1部

業界:情報・通信

PBR:1.68倍

【上昇理由】

タイムスタンプ関連

サイバーリンクス<3683>が急騰し一時、ストップ高の1461円に買われている。きょう付けの日本経済新聞朝刊で「総務省は企業間でやりとりする請求書などの電子書類が本物だと証明する公的な認定制度を2020年度に設ける」と報じられており、なかで認定制度の対象として「タイムスタンプ」と「eシール」という2つの証明サービスを挙げていることを好材料視した買いが入っている。

5位 9130 共栄タンカー

取引値:1,735円(+20.91% +300)ストップ高

市場:東証1部

業界:海運業

PBR:0.56倍

【上昇理由】

株式分割・優待新設

共栄タンカー<9130>はストップ高買い気配。12月末を基準日として、1:2の株式分割を実施すると発表、流動性向上に寄与するとの見方が優勢となっている。また、今3月末の株主からを対象にして、株主優待制度を導入するとも発表、100株以上の株主に対して一律QUOカード2000円分を贈呈する。優待・配当利回り妙味が高まる形になっているほか、株主還元姿勢の強化なども評価される格好に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました