【バリュー銘柄分析 No2】8118 キング ミックス係数4.93倍 自己資本比率85.74%の健全企業

国内株式 銘柄分析
スポンサーリンク



バリュー株の個別銘柄はどんなのを選んでるの?

具体的な分析内容を率直に教えてください。

バリュー銘柄分析第2段
今日は私の保有銘柄の「株式会社キング」を紹介します。

ミックス係数:4.63倍

自己資本比率:85.74%

割安と健全性はまさに鉄壁!!

アパレル業は右肩下がりですが、2年前から始めた不動産業(エステート)が利益率83.3%と驚異的な数字を叩き出しており本業を抜く勢いがあります。

スポンサーリンク

事業概要

婦人アパレル中堅で主力はミセス向けブランドで専門店での販売が中心になります。

「強い商品が全てに優先する」ことをアパレル事業における揺るがない基軸として、企画部門では「上質=プレミアム」に強くこだわり、高品質・高感度な「ものづくり」を目指して、上質で複雑性のある差別化された素材開発の強化、店頭活性化に向けた企画発信のプロモーションの強化、生産管理機能の強化等に取り組んでいます。

2年前から不動産賃貸事業も展開しており東京・京都・大阪の各不動産に係る賃貸事業につきましては、引き続き資産の有効活用に努めました。

割安指標・チャート

この章ではPER・PBR・チャートを見て現在割安の株になっているかを判断していきたいと思います。

自分の割安判断としては以下を見ています。

ミックス係数(PER*PBR):6倍

チャート:右肩下がりで直近3年の最下層近くにある

では見ていきましょう!

割安指標

PER、PBR共にこの1年では低い位置に来ています。

ミックス係数:PER(10.29倍)*PBR(0.48倍)=4.9倍

チャート

過去5年のチャートになりますが、直近3年の中では低位置に陣取っています。

1年チャートでは520円付近が底になるので520円を切ったらナンピンしていくのがいいかと思います。

財務分析

ここからはキングの財務を見ていき、健全性をチェックしていきます。

健全性の基準は自分の場合

自己資本比率50%以上

でまずはスクリーニングしています。

まさに鉄壁w

自己資本比率85%

利益剰余金>>>>>>>>>有利子負債

この指標を見るだけでも株を買いたくなるw

利益剰余金が積みあがってきてるので11月に発表された自社株買いの他にも何か動きがある可能性があると勝手に予想しています。何かカタリストこい!

配当利回り

配当:3.62%

配当性向:36%

配当に関しては直近3年は20円を維持してくれています。

配当性向も30%台と低い所にいるので今後業績がついてきたら利益剰余金もあるので増配の可能性もあるかと思います。

自社株買いも積極的に行ってくれており好感が持てます!!

直近だと11月に自社株買いの発表がありました。

優待

図書カードの優待がとても魅力的!

ファミリーセールについては嫁が興味を持っているので上げていますw

(1)6月と12月に開催の自社ファミリーセール(※1)への招待状(×年2回)
(2)ファミリーセールでのお買物、10%割引券贈呈(※2)(×年2回)

※1 ファミリーセールは、東京会場・大阪会場にて開催されます。
※2 10万円(税込)までのお買物に適用されます。

図書カード(3月末の株主)
 ・500株 … 500円相当
 ・1,000株 … 1,000円相当
 ・2,000株 … 2,000円相当

業績

売上はアパレルの不振で下がっていますが、営業利益率が18年から爆上げしてますw

売上を突き抜る営業利益率ってなんか凄いw

営業利益率が突出している理由は不動産業(エステート)にあり、不動産業の営業利益率は驚異の83%越えになります。来年にはアパレル業ではなく、不動産業になっている可能性もありますね、、、

まとめ

キングの魅力

・ミックス係数:4.63%と割安銘柄

・自己資本比率85%で利益剰余金もたっぷりあるので安定性が高い

・配当3.6%、自社株買いも積極的、優待ありと株主還元委積極的で交換が持てる

・東京、大阪に不動産を持っており賃貸収入が安定&利益率を引っ張ってくれている。

・優良不動産&現金をたんまり保持しているので景気後退にも耐えれる財務がある。

・過去10年で一度も赤字が無い

かなり優良な銘柄だとおもうので自分はここの銘柄を買っています!!

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村


サラリーマン投資家ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました